物流と宅配便活用のためにあなたを全面サポート

企業も個人も現代では宅配便のお世話にならない日はありませんね。物流とは何か、宅配便とは何かをよく理解して、私たちの生活に、ビジネスに活用しましょう。 物流にできること、宅配便にできることとできないことなど、利用者もよく理解して、大いに活用したいものですね。

再配達と再配達時間は過剰サービス?

独身者はもちろん主婦のいる家庭でも常にだれかが家にいるわけではありませんから、どうしても宅配便配達時に不在のことがありますよね。 宅配便配達のドライバーの走行距離の25%が再配達のためというと、これはエコの時代には大きな損失に見えますね。それを解決するために、コンビニ受け取りが考えられました。

再配達問題の解決方法

再配達は宅配便業者の大きな問題です。再配達を避けるために,いろんな方法が考えられてきましたね。 *コンビニ受け取り:指定したコンビニで荷物が受け取れるということですね。*宅配ロッカーの設置:運送業者が設置した宅配ロッカーに荷物が届き、配達時に不在だった人のところへメールでパスワードが届くものです。

おすすめリンク

引っ越しの見積もりは数社で!

引っ越しが決まったら業者に見積もりを依頼しましょう。依頼する時はこういったことに注意してください。

独身から家庭まで安心の宅配便

物流というと物の流れですから、運送のように思えますが、物流には次の6つの側面があります。

*保管:物が供給者から需要者へ運ばれるまでに、いったん倉庫や保管センターで管理されることが多いのです。そして予定された時間に需要者のもとへ届けるのです。*輸送:物を供給者から需要者まで届けることですね。これは、倉庫や物流センターから需要者のもとへ届ける場合も含まれます。*荷役:倉庫や物流センターへ運び込まれて保管されている物を仕分けしたり出荷したりする作業です。*包装:包装というと少し機能が違うようにも思えますが、大量に運び込まれた物を個別配送するときなどには、段ボールなどによる個別の包装が必要になります。*流通加工:倉庫や物流センターでものに加工を施します。これは少しわかりにくいですね。アマゾンの倉庫などでギフト商品としてセットしてパッケージに入れる場合などがこれにあたります。*情報システム:これは倉庫内の物の管理や配送管理をコンピューターのシステムで行うものです。

こうした物流や宅配便のシステムがアマゾンなどの通販の膨大な量のために大きなチャレンジにさらされているのはよく知られていますね。宅配便業者にとって、ドライバー不足、小口荷物の増加再配達問題といったものが緊急に解決すべき問題として浮上してきています。宅配時における不在率が20%といわれ、宅配便配達の貨物の走行距離の25%は再配達のためだといわれています。

こうした知識をグローバルに説明してゆきます。