物流と宅配の総合情報サイト

>

再配達と再配達時間は過剰サービス?

国際化する宅配便業務

海外からの物流というと国際貿易になりますね。貿易となるとまず必要なのが通関をはじめとする輸入手続きです。ここでも宅配便業者は、世界の物流を目指して働いています。

こうしたグローバルな物流を能率的にするために、税関、運輸業者、通関業者、金融機関などを相互に繋ぐための情報通信システムができています。NACCS (Nippon Automated Cargo And Port Consolidated System)ですね。

NACCSのシステムは次のような情報を扱っています。*船舶、航空機などの出入りや積み荷の搬入搬出に関するコントロール。*輸出や輸入に必要な情報の登録とコントロール。*税関に必要な申告とコントロール。*輸入の場合に必要な関税の納付手続き。

情報テクノロジーが結ぶ物流

宅配業者も物流全体を担当するために、大きな物流センターを各地に設置しています。それらがIT技術でリンクされているのですね。そのリンクは自社だけのリンクではなく関連する組織全体をリンクしています。

次のようなものですね。*WMS(Warehouse Management System):いったん倉庫に入ってきた資材や商品を倉庫から搬出されるまでを管理します。各種の帳票作成なども管理しています。*TMS(transport Management System):輸送や配送を効率的にするための管理システムですね。配車や運送計画から、GPSで現在の車両の位置を把握するということをしています。NACCS(Nippon Automated Cargo and Port Consolidated System):海外と日本の物流を税関と民間の運輸業者あるいは金融業者とリンクすることで効率化を図っています。


この記事をシェアする