物流と宅配の総合情報サイト

>

再配達問題の解決方法

宅配便の再配達を避けるための対策

せっかく待っていたのに、荷物を受け取れなかったなどということがあるとがっかりします。非能率的でもありますね。これは受け取る側も配達する側も大きな時間やエネルギーの損失です。

次のような対策が始められています。*24時間、365日オープンの宅配便受け取りセンター。いつでも好きな時に宅配便を受け取ったり発送ができます。受け取った荷物はその場で開封することができ、いらなくなった段ボール箱などはその場で破棄すればリサイクル資材として回収されます。*コンビニ受け取り。現代ではたいていの家の近くにはコンビニがありますから、遅くまで働いている独身者にも便利ですね。*外付け宅配ボックス。一戸建て住宅でもマンションでも、最近は設置されているところが増えましたね。

物流・宅配便豆知識

宅配便が遅れても個人の場合でしたら、楽しみにしていた荷物が遅れてがっかりするだけかもしれませんね。

毎日その日のうちに使う冷凍食品などを宅配便で受け取っているレストランなどでは、一大事になります。工場への原材料や資材の配達も同じことですね。一つの荷物が届かないために生産ラインの全体が止まってしまいます。宅配便業者もそんな責任を負って仕事をしていますから、毎日が緊張の連続です。自然災害や豪雨でトラックが通れなくなっても、その先にある需要者は荷物を待っています。場合によっては、自分たちのトラックではなくて、鉄道や航空手段で届けなくてはならなくなることもあります。

こういったハプニングにも適切に対応するために、工場なども管理運営を含めた物流を外部の運送業者に委託するというケースが増えてきていますね。


この記事をシェアする